dカードクレジット携帯電話 カードローン審査在籍確認ある?

 

dカードは以前はDCMXと言う名前でした。

 

そのクレジットサービスが名称を変え、さらに内容も充実させて進化した物がdカードです。

 

初年度年回日が無料で、さらにポイントカードにも鳴り、電子マネーとしても利用する事が出来るだけでなく、オンラインで入会する事が出来るカードとなっています。
dカードは従来のDCMXとは違い、ポイントカードとしても利用する事が出来ます。

 

そんなdカードですが、クレジット機能が付いているカードの為、最初に審査を行わなければ利用する事は出来ません。

 

ただ過去に金融関係のトラブルを起こしていない場合は通常のクレジットカードと同様の審査基準となっています。

 

だから申込みをして大体1週間前後で審査に通ったかどうかという事が連絡のメールが届きます。

 

そしてその1週間程度経過すると自宅の方にカードが届けられ、それからはカードを利用して買い物をしたりする事もできます。

 

ただ中には審査に時間がかかってしまう事もありますが、その場合は書類に不備があったり、申し込みをする人の数が多い場合等に遅れが生じてしまう事があります。

 

通常、クレジットカードを申し込むと在籍確認の電話がある場合があります。
これはキャッシングやカードローンを利用する時にも行われる物で、その人に対して信用しても良いかどうかを調べる為の電話です。

 

書類に記した内容が本当に正しいのかを判断する為に行われ、信用情報機関にある情報だけではまだ足りない、より詳細に調べたいという時等にも行われます。

 

ただ、dカードについては在籍確認は基本的には行われていません。

 

現在ドコモではこのカードを出来るだけ普及させたいとしているので、利用者のネックとなる在籍確認を行わずに審査が進められる事が多くなっています。

 

ただ職場を最近変えたばかりの人や、提出した書類に記入ミスがある事が発覚した場合等は、より詳しくその人について調べる必要があると判断される為、職場への在籍確認が行われる場合があります。

 

従って、絶対に行われないという訳ではなく、申し込みをした人の置かれている状況によってはもしかしたら行われるかもしれない、行われる可能性があるという事になります。

 

ただ実際に記入項目にミスがあった場合の在籍確認と言うのは事前に防ぐ事が出来ます。

 

まず一つはしっかりと書類に記した内容を見直すという事です。

 

 

確かに書類には沢山の内容を書き記す必要がありますが、漢字の誤りや住所の間違い等に注意するだけでもかなりミスを減らす事が出来ます。

 

また人によっては旧漢字で登録している場合がありますが、その人が新漢字でカードの申込をしてしまうと個人情報機関にある情報と申請した内容が違うという事になってしまい在籍確認の対象となる可能性があります。

 

しかしカードローンやキャッシングを利用しようとしている時の様に、職場に電話がかかってきてしまうという事はまず有りません。

 

実際にカードを申し込む場合の在籍確認の電話は、個人の電話番号に電話がかかってくるからです。

 

従って、職場に電話がある可能性があると心配する必要はありません。

 

ただ成人している場合はdカードの申込については基本的に在籍確認は審査の時に行われませんが、未成年の場合は別です。

 

未成年がクレジットカードを作る場合は、親の承諾が必要になります。

 

しかしこのカードの場合は親の承諾書や同意書と言う物がついていません。

 

そのため、本当に親が同意しているかどうかという事は親に電話をして確認するほかない為、結果的に未成年の場合は必ず確認の電話がかかってくる事になります。

 

このカード自体はポイント機能だけでなく電子マネーとして、さらにクレジットカードとしても利用する事が出来るだけでなく、ドコモユーザー以外も申し込みをする事が出来るという点が高く評価されています。

 

利用者を増やしてシェアを拡大する為にも現在ではポイントが付与される場所も増えている状態ですが、実際に利用する為には審査にパスしなければいけません。

 

通常は借金の問題が無く、さらに携帯電話料金の支払いも滞った事がなければほぼ審査には通る事が出来ますが、クレジットカード会社の方が気になる点がある場合はもしかしたら在籍確認が行われる可能性があるという状態です。

 

 

だから何も心配なく融資等についてクリーンな状態の人の場合は、何も電話がかかってくる事無くメールが届き、さらにカードを発行してもらう事が出来ます。

 

またドコモが扱っているクレジットカードとなっていますが、審査についてはドコモユーザーだから通りやすいという訳でも有りません。

 

他のキャリアの携帯電話を利用している人と同じ様に審査は行われ、気になるポイントがある場合はその内容によっては在籍確認が行われたり行われなかったりします。

 

従って審査の在籍確認については、申し込む人の状況、書類の内容、年齢等によっては行われる可能性もありますが、基本的には行わずにカードを発行する事の方が多くなっています。